日本食育学会は食べ物の生産、流通、安全、栄養問題、疾病予防、食文化など幅広いテーマを消費者、教育界、食品関連企業など様々なステージで考える学会です。


各種申込書・届出書

賛助会員一覧
日本食育学会学会誌
各種委員会規則等
日本食育学会誌投稿規定
入退会及び会費に関する規則

会長就任のご挨拶

 この度、初代会長中村靖彦先生の後任として2代目会長に就任いたしました。身が引き締まる思いです。中村前会長は、本会設立にご尽力されただけでなく、賛助会員の獲得、学術総会の地方開催、秋季シンポジウムの開催など様々な行事を遂行し、本会の「かたち」を完成させました。その「かたち」を維持しつつ、さらに発展させるのが私の使命と存じております。
 本会は、他の学協会と同様に、会員数の減少と企業からのご支援の減少に直面しております。これは、日本経済の低迷と、大学院生をはじめとした研究者の減少を反映しており、その克服は並大抵ではありません。
 しかしながら、世界で唯一の食育を謳う学会として、その先進的役割を果たしていく所存です。そのためには、会員の増強を図るべく、会員へのサービスの一層の充実を図って参ります。3年前から開始いたしました会誌のJ-STAGEへの登載も、海外への情報発信に成果を挙げております。会の活動にご要望がありましたら、お近くの理事・代議員にぜひお声をお寄せいただきたく存じます。
 最後になりましたが、会員各位の益々のご活躍と、その成果を学術総会、会誌への投稿に生かしていただくことを期待して、会長就任のご挨拶とさせていただきます。

平成29年7月25日

一般社団法人 日本食育学会
代表理事・会長  田島 眞


日本食育学会は「一般社団法人日本食育学会」へ移行いたしました。

 日本食育学会では、平成23年度の総会において任意団体の解散、一般社団法人への移行の決定ならびに定款原案承認の後、平成25年3月21日に世田谷公証役場にて定款認証を受けました。そして、平成25年4月1日に東京法務局世田谷出張所に法人設立登記申請を行い、平成25年4月1日法人成立となりましたことを、ここにご報告申し上げます。

 今後とも、一般社団法人 日本食育学会の発展に、ご支援、ご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

一般社団法人 日本食育学会
会長 中村 靖彦



日本食育学会設立のご挨拶

平成18年は食育元年といわれます。政府は食育基本法にもとづく基本計画をまとめて公表しました。さらに、各県や市町村も独自に基本計画を作ることが求められています。しかし、正直なところ、多くの国民は“食育って何?”とか“自分たちは何をすればいいの?”という疑問を抱いています。

そこで、私たちは、この際食育というものを基本から考え、研究してみようと思い立ち『日本食育学会』を設立することにしました。

けれども、食育という行動の性質上、学者・研究者だけでなく、農業生産者から食品産業、そして消費者に至るフードチェーンに関わる人たちが、幅広く参加する学会にしたいと思いました。そして、私たちの議論を行政にも反映させていこうと考えています。

食育によって日本を変えていくことが出来ないか、ご一緒に話し合いをしていきたいのです。

この趣旨にご賛同の上、会員としてご参加頂くとともに、ご協賛を賜ればまことに嬉しく存じます。よろしくお願いいたします。

日本食育学会会長
東京農業大学客員教授
女子栄養大学客員教授
中村靖彦