中村靖彦氏が名誉会員に推挙されました

ご略歴

昭和34年    東北大学文学部卒業
同年4月    NHKに入局。番組のディレクターとして仙台、
       鶴岡の支局勤務。
昭和41年2月 本部教育局農事部
昭和49年7月 解説委員室 解説委員
昭和55年7月 農林水産産業部 担当部長
昭和58年7月 広島放送局 放送部長
昭和59年7月 再び解説委員室 解説委員
平成13年    解説委員を退任。明治大学農学部客員教授を経て、
       東京農業大学客員教授、女子栄養大学客員教授。
平成15年7月 内閣府食品安全委員会委員に就任
平成19年3月 同退任
平成19年5月~平成29年5月
       日本食育学会会長
















 

経緯

 中村先生は、農政ジャーナリストとして、国民に対して、食育に係る情報の発信を続けておられます。また、我が国の農業問題の学識経験者として、さらに私学の教育に対する貢献にも多大なものがあります。
 日本食育学会長として、発足時から、学会の発展に貢献され、平成29年には功労賞を受賞されております。平成30年5月12日開催の第6回学術総会において本学会として第1号となる名誉会員に推挙されました。

 


2018年06月04日